News & Press

日本初、ブロックチェーン技術を活用したストックオプション「J-STO SO」を発行

2020年6月3日、当社は、日本初のセキュリティトークンを活用した有償型ストックオプション(新株予約権)を発行したことをお知らせいたします。

世界的なイノベーションを目指すレヴィアス株式会社(代表:田中 慶子 東京都港区芝大門2-7-7 4F。以下「当社」といいます。)は、当社ブランド「J-STO」※を通じて、日本初の事例となるセキュリティトークンを活用した有償型ストックオプションの発行を完了いたしました。

※J-STOとは:

これまで文書による契約書その他のアナログで管理されていた各種契約内容・資産に関する情報について、ブロックチェーン技術及びAI技術を活用した信頼性の高いデジタル方式で管理する仕組みを意味する当社のブランド名(商標出願中)です。
J-STOにおいて、当社が開発する「セキュリティトークン」は、その保有者が特定の契約上の権利又は資産を保有していることを示す電子的証票(ブロックチェーン上の記録)となります。

J-STO SOで出来ること

「J-STO SO」では、当社の新株予約権者は、自己の保有する当社新株予約権に関する情報を、インターネットを通じて、当社開発技術による専用インターフェース(J-STOプラットフォームのマイページ)上で随時閲覧することができます。

J-STOプラットフォームの利用者は、同プラットフォームを通じて当社新株予約権の行使及び譲渡の申請を行うことができ、当社取締役会に対する新株予約権の譲渡承認請求も、同プラットフォームを通じて行われることとなります。

当社の新株予約権原簿は、J-STOプラットフォームを構成するブロックチェーン(当社が管理するプライベート型ブロックチェーン)上で管理され、当社新株予約権が適正な手続に従って行使又は譲渡された場合には、同ブロックチェーンに実装されたプログラム(スマートコントラクト)により自動的に新株予約権原簿の名義書換が行われることとなります。

また、AI 技術の適用により、一連の各種自律プログラムが正常かつ適正に作用しているか常時監視され、不審な点を検知した場合においては、対抗プログラムが作動することでワークフローの効率化を促進します。

当社は、ブロックチェーン技術及びAI技術を活用したデータガバナンスに関するモデルケースを構築していくことで、DX(デジタルトランスフォーメーション)社会を促進し、よりスマートな未来を創出していくことを目指します。

ストックオプション(新株予約権)発行完了に関するお知らせ

本内容に関するお問い合わせ先

LEVIAS Inc. 経営管理本部: 樋渡 智秀
〒105-0012 東京都港区芝大門2-7-7 4F
TEL.03-6402-3330